競合との価格競争から抜け出す方法

値段の設定をする時、競合や同サービスの価格がこれくらいだから・・・

と、平均的な価格にしていませんか?

 

これだと、単なる価格競争になってしまいますよね。

 

そんなことを言ったって、価格が高くちゃ売れないでしょ!?

 

いいえ、そんなことはありません。

 

USPと言う考え方

 

”USP”って聞いたことありますか?

Unique(ユニーク) Selling(販売) Proposition(提案)

 

直訳すると、ユニークな販売の提案。

わかりやすく言うと、「独自のウリ」と言う意味です。

 

あなたの商品が、他の競合とユニーク(独自性があるもの)

になっている所を見つけることです。

これが見つけられれば、価格競争から抜け出せます。

 

なぜなら、同じ商品じゃなくなるからです。

 

もし全く同じ商品だったら、安いものを選びますよね。

でも・・・

別のサービスのように見れたら?

 

ちょっと分かりにくいと思うので、こちらを読んでみてください。

 

ある農場主が、幼い娘の為にポニーを買おうとしていた。   街では2頭が売りに出されていた。   2頭はどこを比べても同じようなポニー。       ところが、片方の売り主は、500ドルだと言い・・・   もう片方の売り主は750ドルの値段をつけていた。       ただし、後者は農場主が購入を決める前に娘に1カ月間の   お試し期間が付くという。       1カ月後に干し草を付けて農場主の家にポニーを運ぶことと、   週に1度、ポニーの飼育係を派遣して、娘にポニーの世話の   仕方を教えることを約束したのだ。       また、そのポニーは人懐こく、育てやすいので、   毎日乗っていれば仲良くなれることは間違いないと言われた。       1カ月間のお試し期間が終わって、農場主の家へ出向き、   馬小屋を掃除して帰るか、代金の750ドルを支払ってもらえるか。       こう提案したのだ。   さて、農場主はどちらのポニーを購入したと思うだろうか?       『ハイパワー・マーケティング』より引用  

 

これの「ポニー」を「あなたのサービス」に置き換えてみてください。

 

ほとんどの会社は・・・500ドルのポニーを売っています。

もし、あなたが750ドルのポニーを売る方法を見つけられたら?

 

あなたは価格競争から抜け出せますよね。

 

何をやるにしても・・・

アフターケアだったり、無料見積もりができることを勧めたり。

 

 

価格以外でユニーク(他のライバル会社と差別できるもの)にする事はいくらでも可能です。

価格以外に付加価値を付けられるところを考えてみましょう。

 

次回は、このポニーの話をもう1度。違う視点からお伝えしたいと思います。